美顔には手入れが必要?

紫外線ケアは欠かさずに

太陽からの紫外線は、季節や天候に関係なく、1年中降り注いでいます。紫外線を浴びると、肌の細胞の中でメラニン色素が作られます。メラニン色素はシミやそばかすのもとになります。
美顔のためには、1年を通した紫外線ケアが必要です。日焼け止めや日傘、UV加工の上着で、直接当たる紫外線を減らすよう心がけましょう。パッケージに書かれているSPFとPAの値を確認し、PA++、SPF20以上のものを使うと、日常生活で浴びる紫外線を防げます。
シミができてしまったら、肌のターンオーバーできれいになるまで時間が掛かります。美容外科のレーザー処理の施術を受ければ、シミをきれいに取れます。ファンデーションやコンシーラーでは隠しきれないシミができた場合は、美容外科を頼るのも一つの方法です。

シワになる前にクセを見直そう

年齢を重ねるごとに、シワは増えていくものです。肌の細胞に含まれるコラーゲンが減少することで、肌にハリが失われ、しわになるのです。美顔を保つために、シワのできやすい生活習慣を見直すようにしましょう。
表情を作るときに眉毛を上げたり、前髪を引っ張って結ぶヘアスタイルにしたりすると、おでこにシワができやすくなります。クセがついているのなら、気づいたときにやめた方がシワを防げます。
美容外科には、シワをでににくくするボトックス注射や、シワになっている部分にヒアルロン酸を注入する施術があります。年齢以上に老けて見えがちだったり、シワがあることで気分が落ちる、という人には、美容外科の施術に頼ってみるのも良いかもしれません。